スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムは復活するんでしょうか?

ひさしぶりの投稿になってしまいました。

アメリカ発のサブプライムローン問題の影響で、
中国を初めとするBRICS、ベトナムを初めとするVISTA、
いずれの新興国の株価も暴落しましたが、
この低迷はどこまで続くのでしょうか。

ベトナムの株価指数は、2007年3月に記録した最高値1170ポイントから、
今では、4分の1程度近くまで下落してしまいました。

ベトナムの株価を支えていたのはヘッジファンドですから、
不良債権の処理に何よりもキャッシュが必要な今、
ベトナムに回す余計な資金は当分生まれてこないと考えていいでしょうね。

ビナミルクを初め、ベトナム上場企業に投資していた人は、
相当痛い目にあったと思います。

で、私も、上場株でけっこう痛い目にはあったんですが、
私の場合、投資の多くが非上場株のファンドだったため、
そこまで酷い目にはあいませんでした。

ただ、この前2期目の報告書が送られてきたのですが、
やはり元本割れしてましたT_T

ま、今上場するのは相当厳しいと思いますが、
そのうちいいタイミングが来て上場さえすれば、
一気に取り戻せると考えています。

あ、そうそう最近は個別株よりも、いろんな国の株価指数に投資しています。
CFD取引ってご存知でしょうか?

詳しいことは、↓このサイトに載ってますので、見てみてくださいね。

CFD 比較

スポンサーサイト

ベトナム ホーチミン最大のベンタイン市場

ベトナム最大の経済都市ホーチミン。

前回取り上げたようなおしゃれなレストランやショップがある一方で、
生鮮食料品から洋服、雑貨、鞄、靴などまでなんでも安く揃う市場も
ホーチミンの魅力の一つです。

ベトナムの本当の物価を知るには、ドンコイ通りの外国人向けの
レストランやショップに行くよりも、こういった市場に行った方が、
いいかもしれませんね。

ベトナム 株 投資


ここでは、ほんとにいろいろな物が安いです。
たとえば、女性向きのサンダル(日本でも売れるレベル)が、
一足800円くらいで買えますし、
鞄も1000円~2000円くらいで売っています。
(いっしょに行った女の子は、嬉嬉として買ってました)

いろいろ見比べた結果、やっぱり市場の卸価格だけあって、
ここが最安値に近いですね。

で、こういう庶民の買う物の値段をいろいろ見た結果、
やはりまだまだ物価が伸びるのりしろはあると思いました。
(物価が既に上がってきている上海やそのほかの中国の大都市よりも
安いイメージです)

こういったところから見ても、個別株なのかファンドなのか、
不動産なのかわかりませんが、まだまだベトナムに投資するチャンス
だとおもいましたね。

ベトナム 株 投資 ファンド


↑は、市場に併設されてる屋台。
衛生的にちょっとやばそうだったので、今回はパス。
(フォーとか、乾物とかすごくおいしそうでしたけどね

 HOME  »

INFORMATION

ベトナムマニア
  • Author: ベトナムマニア
  • ベトナム株やファンドで大金持ちを夢見るサラリーマンです!

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。